和食麺処 サガミ


 和食の原点とも言えるそば、うどんのおいしさを中心にして独自のチェーン展開を行ってきた「サガミ」。より気軽に、楽しく「和」のおいしさを味わっていただくため私たちが選んだのは、全店直営というスタイル。それは経営思想はもちろん、私たちが目指す最大限のおもてなしを、店舗運営の隅々にまで行き届かせるためのもの。もちろんそこに確立されているのは、店舗のデザインに始まり、接客スタイル、メニュー構成、営業時間にいたるまで、すべてはお客様の声に応え、よりお喜びいただくために築き上げてきた有形、無形の「サガミ」らしさの集積です。
» 「サがミ」の名前の由来を見る。
食材の鮮度
食材の鮮度。そこにもサガミらしさを。
より多くのお客様にご満足いただけるおいしさの提供。それは実に多くのこだわりと努力の積み重ねに他なりません。たとえばそばを例に「味」そのものに対するこだわりをご紹介しますと、産地を吟味し選び抜いたそばの実を、まず工場で磨き、そばの実の鮮度を大切にするため、そのままの状態で各店舗へと配送します。そして店頭に完備した石臼によって細かく挽き、1日2回店舗で製麺してお客様のテーブルにお出ししています。
また料理のお好みや人数、時間帯によって異なるお客様の「ご満足」に応えるため、ご用意しているメニューの数は常時約150アイテム。これとは別に季節毎に旬の素材を生かした料理フェアを開催して、お客様をお迎えしております。
全店オンライン処理
全店オンライン処理による、効率的な食材配送システム。
そのメニュー数を支えるための厨房設備の高効率化、調理マニュアルの整備とあわせ、新鮮な食材を、より早く、効率的に届けるシステムづくりも不可欠でした。「サガミ」では、各店の商圏特性や曜日、天候などで異なってくる人気メニューの変化を集中管理し、リアルタイムで処理。これは経営の合理化、無駄のない食材管理の実現と同時に、集められる膨大な情報をより大きな視点で分析し直すことで確かなマーケティング指標を得ることにもつながり、年2回行われるメニューの見直し、変更にも役立てられています。
チェーン拡大
安易な店舗数アップではなく、より理想のおいしさを実現するための挑戦。それが私たちのチェーン拡大です。
おかげさまで現在「サガミ」は、うどん、そばのチェーン店として中部地区最大規模にまで成長することができました。そして、これからも街の風土や暮らし、味覚の志向を組み入れ、ひとつひとつの地域に、より深く根づいていきたいと考えています。各地域のオリジナルメニュー提案をはじめ、日本の伝統を基盤にした新しい食文化を毎日の生活の中に創造していくため、今後もさらなる展開を図っていきます。