ご挨拶

代表取締役会長 鎌田 敏行、代表取締役社長 伊藤 修二

 お客様、地域の皆様、株主様、お取引先会社の皆様、日頃のご愛顧とご厚情に
心より厚く御礼申し上げます。

 当社は1970年の創業以来、名古屋を地盤とし、経営理念のもと、蕎麦、
うどん、なごやめしを主体としたお食事を提供してまいりました。
2014年1月に首都圏を中心に店舗を展開している味の民芸フードサービス、そして
2016年3月に神奈川県に店舗網を持つ和食レストラン「濱町」が当社グループに
加わり、業容も拡大しつつあります。

特に「味の民芸」は手延べうどんで日本一の店舗数を持つレストランチェーンであり、蕎麦やきしめんで
日本一の店舗数を展開する(※1)当社と一体になったことは、日本の二大経済圏における、強力な
「和麺」ファミリーレストラングループが誕生したことを意味しております。
両社のシナジー効果は大きく、長年厳しい決算を続けてきた味の民芸業態も、2014年上期から黒字を
計上し、2017年3月まで37か月連続で前年売上高を上回るなど、業績は好調に推移しております。

 この経営基盤を背景に、海外への蕎麦訴求活動を積極的に進めております。2014年、サッカー・
ワールドカップのブラジル大会開催に合わせ、リオ・デ・ジャネイロに開設された日本館にて唯一の外食
企業として蕎麦を世界のVIPに提供したことを皮切りに、2015年にイタリアにて開催されたミラノ万博
日本館でも蕎麦を提供し、大盛況となりました。さらに2016年のG7伊勢志摩サミットでは、併設された
国際メディアセンターにて、蕎麦、天ぷら、伊勢うどんを提供し、世界のメディア関係者にその美味しさを
紹介いたしました。
実店舗の海外展開も進めており、現在は中国、タイ、インドネシア、ベトナム、イタリアに計8店舗を出店
しております。

 国内外において、「健康」は一つの価値となりつつあります。日本の平均寿命は世界一(※2)ですが、
国内では長野県が男女ともに一番(※3)です。蕎麦は健康価値が高い食材として知られていますが、
長野県は人口当たりの蕎麦店の数で日本一であり、こと食に限って言えば、関係性があるのではないかと
考えています。当社はグループバリューに「The Healthy-menu Company」を掲げ、さらなる健康志向
への対応を進めてまいります。

 これからも、グループビジョン「No.1 Noodle Restaurant Company」の実現に向け鋭意努力して
まいりますので、なお一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

※1:日本一は当社調べ 2017年3月31日時点
※2:WHO 2016年発表 『WORLD HEALTH STATISTICS』 2015年データより
※3:厚生労働省 2013年発表 『都道府県別生命表』 2010年データより

 

代表取締役会長 兼 最高経営責任者 (CEO) 鎌田 敏行
代表取締役社長 兼 最高執行責任者 (COO) 伊藤 修二
2017年4月吉日